10-2 ロックンチェアー・マイルドチョコレート

2002年1月18日号


ロックンチェアー

製造国 日本
タイプ アメリカタイプ
単価  510円
内容量  40g
形態  パウチ包装



 
日本での発売は桃山に次ぐ歴史を持ち、根強い愛好家がいる。
ただしこちらは最近、包装とデザインが変更され、以前のものに比べると、タバコ葉の保湿具合と、見た目は格段と良くなっている。
とりあえず封を開けてタバコ葉の匂いをかいでみる。
このロックンチェアは、アメリカタイプの代表的な着香、ココア風味、と言う位置付けではあるが実際は、「これが本当にココアか?」と言うような香である。
しかし、吸ってみると以外とコクが有り、ココア風の感じがしないでもない。
まあココア風味と言っても、バンホーテンではなく、アニメキャラクターが書かれたお子様向けの、添加物入りココアと言った所か。
しかし、後半は煙に辛味が出てくる様に感じる。
これはあくまでも私見ではあるが、国産のパイプタバコは、総じて後半に喫味が落ちる様に思うが、このロックンチェアでもそれを感じる。
さらに気を付けてほしい事だが、アメリカタイプの様なバーレー葉の配合率が高いタバコは、水分含有量が低く火付きはいいが燃焼が早い。
そして煙の粒子が粗い感じで、ややもすると煙りがホットになりやすいので、口内を荒らさないように喫煙してほしい。
だけどそんな事より、ロックンチェアーの魅力は、桃山に次ぐ歴史と低価格、そして、あえてアメリカタイプと言う所にあるのではないかと思っている。
その昔、一世を風靡したアメリカタイプのパイプタバコだが、ヨーロッパタイプに押され、いくつかあったココア風味の銘柄が日本の市場より消え去った今日、JTのロックンチェアに稀少価値を認めてもいいのではないか、と考えているのである。
喉越しは軽いが少々辛い、キャラクターはライト、チョット人工的なココアの風味とコクではあるが、価格が価格であるし、内容量も少なめの40g。
それに、キザミが細めで均一な感じなので、火付き火持ちも良い、気軽に喫煙を楽しめるタバコだと思う、クラスは初級者向け。

マイルド・チョコレート

製造国 EU
タイプ ヨーロッパタイプ
単価  800円
内容量  50g
形態  パウチ包装


 
アメリカタイプでは無いが、ロックンチェアのココア風味によく似た香りのタバコ、と言う事で取り上げてみた。
外観はマイルドチョコレートを連想させるには充分な、ミルクチョコレート色のパウチで、タバコ葉の香りもチョコレートそのもの、と言いたいところだが、香りについてはやや疑問が残る。

確かに、チョコレートに似せた様な膨らみのあるマッタリ系の香りなのだが、チョコレートにもなりきれず、かと言ってココアとも言い切れない物がある。
しかし、ルームノートは充分にチョコレート感のある甘い香りで好感が持てる。
どうも以前から、ココア風味のタバコは、タバコの匂い、煙の香りと、吸った時の味わいの落差がある事は感じてはいたが、これも例外では無さそうである。
とは言っても、JTのロックチェアーの様な添加物入りココアの香りよりは品があるし、煙の香りと、味わいとの間の落差は少ない、良く出来た香りであると思う。
さすがは、嗅ぎタバコを作っているドイツ・ポッシェル社である、このあたりは欧州の着香物パイプタバコの文化に、一日の長を感じる所である。
咽越しは結構軽いが、バーレーの刺激は感じる、キャラターはライトミディアムで、火付き火持ちは良く、初心者でもわかりやすい香りである。
ただ、個人的にはドイツ系の様な、タバコ感の希薄な味わいより、デンマーク、スウェーデンの様なタバコ感のしっかりした物の方が好みではあるが、肺喫煙をするには丁度よさそうな刺激のタバコではある。

次号へ

目次へ戻る


トップページへ戻ります 1つ前にページへ戻ります メニューページへ

当サイトは、リンクフリーです。ただし、サイト構造を無視したリンクはご遠慮願います。
リンク先は、必ずトップページ https://www.lsando.com/でお願いします。
リンクしたら、「リンクさせたよー」のメールをお願いします。

未成年者の喫煙は禁じられています。
あなたの健康を損なうおそれがありますので、吸い過ぎに注意しましょう。
喫煙マナーを守りましょう。タバコのフィルターは自然界では分解しません。

ホームページ上の全てのファイルは、リビングショップ安藤(有)に帰属します。無断で、使用する事を禁じます。
L.S.A(リビングショップ安藤)ホームページ
Copyright (C) LivingShopAndo All Rights Reserved