第7号 「 スナッフケースについて」

2003年03月10日号


 皆さんこんにちは、無頼漢スモーカーの武骨です。スナッフ物語、随分間隔が空きまして申し訳ありませんでした。一応作者さんの方から「不定期刊で構わないので」と了承を頂いておりますので、ワガママを言わせてもらいますが何卒宜しくお願い致します。

 先日、大変お世話になっている、ある方より英国アーケミー社の携帯用スナッフケース2個とロート、更にはウィルソン社のスナッフを頂きました。ちなみに、同ケースはLS安藤さんHPにも掲載されております「bR151 ラウンド」と言う携帯型の物です。何と言う偶然か、アーケミー社はこのケースの製造を廃止し、LS安藤さんでも売切れとなってしまい、二度と手に入らない貴重な代物になってしまいました。これは、ますますもって大事に使わないといけないと痛感します。
 以前から私は、ウィルソン社以外のスナッフについて「密封性がイマイチ」と繰り返し書き続けて来ました。簡便さを取るか、密封性を取るかはどちらも捨てがたい難問です。ただ、スナッフが「薫り」を愉しむ物であるならば、好事家なればマイ・スナッフケースを持ち密封性を確保したいと思っておりました。この「ラウンド」は、蓋の部分にラバーが付いており密封性は飛躍的に高まります。これで安心してスナッフ・ライフが送れると言うものです(笑)。


 ウィルソン社のスナッフ個別のレビューにつきましては回を改めるとしまして、今回はスナッフケースに絞ってお話をさせて頂こうと思っています。LS安藤さんHPにも「ケースをお使い頂くには
ロートが必要です」と注意書きがしてあります。私も実際試すまでは「そこまでしなくても何か代用品があるだろう」とたかをくくっていたのですが、ロートは実際必要です。
 ですが、ウィルソン社のスナッフの場合、蓋を開けると直径推定3センチ強の容器全体にスナッフがぎっしりと充填されており、このロートに移し変えるのはなかなかに困難で、勿体なくもこぼしてしまう可能性もあります。そこで、ウィルソン社のスナッフをケースに充填する時に限っては「ロートのロート」を作る必要がありました(笑)。ケースの口にロートを嵌め込み、そのロートの上に更に少し厚手の紙をロート状に巻いた「簡易ロート」を作り、スナッフを充填しました。

 ウィルソン社以外の「スナッフ取り出し口」の付いているスナッフ容器については、ロートのみで十分対応出来ます。スナッフ容器は常に振って攪拌して固まらないようにするのがコツだと思います。
 さて、この「ラウンド」のいい所ですが、流石に携帯型と言う事で携帯に便利であり、更に蓋にスナッフを出してそこから吸引すると言う「裏技?」を使う事で、手の甲にスナッフを出して吸うと言う手間や、直接スナッフを指で摘んで吸うと言う事からは解放されます。この方法ですと、短時間でスナッフの吸引が可能です。事実、私も少し長めの赤信号の間に両鼻に吸引する事が出来ました。自動車運転中の紙巻煙草の喫煙はポイ捨ての遠因になったり、副流煙が目に沁みて危険な時もあります。かと言って、吸えないと言ってイライラして乱暴な運転になるのも困りますね(笑)。そういうシーンにもこのスナッフはいいアイテムなのではないでしょうか。
「ラウンド」は既に廃止・売切になっていますので、その話を延々しても無意味かも知れませんが、スナッフケースの必要性は持ってみて初めて実感しました。「ラウンド」以外の物はまだ在庫があるようですので、興味のある方はLS安藤さんまでお問い合わせ下さい。又、スナッフ全般に関するお問い合わせは私個人にして頂いても結構です。拙い知識で宜しければ何かのお役に立てるかも知れません。
 
 今回はこれで筆を置きたいと思います。

Special thanks : von Walkure


また、私武骨への感想、質問などは、メインのBBS・タバコ第一会議室までお願いします。

目次へ戻る


トップページへ戻ります 1つ前にページへ戻ります メニューページへ 

当サイトは、リンクフリーです。ただし、サイト構造を無視したリンクはご遠慮願います。
リンク先は、必ずトップページ https://www.lsando.com/でお願いします。
リンクしたら、「リンクさせたよー」のメールをお願いします。

未成年者の喫煙は禁じられています。
あなたの健康を損なうおそれがありますので、吸い過ぎに注意しましょう。
喫煙マナーを守りましょう。タバコのフィルターは自然界では分解しません。

ホームページ上の全てのファイルは、リビングショップ安藤(有)に帰属します。無断で、使用する事を禁じます。
L.S.A(リビングショップ安藤)ホームページ