第6号 「 シングルトン・スーパーメンソール」

2003年01月26日号


 こんにちは。無頼漢スモーカーの武骨です。諸般の事情で掲載が遅くなりまして申し訳ありませんでした。平成15年もどうぞ宜しくお願い致します。今回は、シングルトン・スーパーメンソールについて書かせて頂きます。

 その名のスーパーメンソールに恥じないような、スカッと爽やかなメンソール感がありますね。この銀色の容器もなんだか清涼感がありますね。
 ラムネイズ・エクスポートとはまた違った感じのメンソール感です。ラムネイズは「森の薫り」と言う感じなんですが、シングルトンは純粋にメンソール香を出しています。その点シンプルとも言えますね。

 このシングルトンは、容器自体を回転させて取出口を出します。ご多分に漏れず密封性は完璧とはほど遠いですが、ラムネイズほどの「薫り漏れ」は無いように思えます。
 実はここ数日僕は風邪をひきまして、元々扁桃腺が肥大傾向なんですが、思いっきり扁桃腺が腫れ上がって、喉が詰まる感じがありました。いくら肺喫煙をしないパイプでも、喉には煙が当たりますからね…とても喫煙は無理でした。そこで、このシングルトンをsnuffing(と言う表現が当たってるのかわかりませんが)してみた所、思いの他鼻が通る気がします。メンソール感も相まってなかなかの効果だったと思います。古くはsnuffが鼻詰まりの薬をして使用されていたのを、身をもって体感した次第です。

 私もsnuffを購入する前に思ったんですが、容量が少ないと思われた事はありませんか?実際の所、一個丸々吸いきろうと思えば、毎日結構な量吸わないと無理ですねえ。自宅にあるsnuffのうち、吸いきった物はまだ一つもありません。ですから、一個買えば結構長持ちするんですね。その分、密封性を考慮しないといけませんけど…。


 今回はこれぐらいで筆を置かせて頂きます。私事で恐縮なんですが、仕事が多忙なのと、体調不良もありまして、snuff物語は不定期刊にさせて頂きたいと思っております。大変ご迷惑をおかけ致します。
 ではまた…。


また、私武骨への感想、質問などは、メインのBBS・タバコ第一会議室までお願いします。

目次へ戻る


トップページへ戻ります 1つ前にページへ戻ります メニューページへ 

当サイトは、リンクフリーです。ただし、サイト構造を無視したリンクはご遠慮願います。
リンク先は、必ずトップページ https://www.lsando.com/でお願いします。
リンクしたら、「リンクさせたよー」のメールをお願いします。

未成年者の喫煙は禁じられています。
あなたの健康を損なうおそれがありますので、吸い過ぎに注意しましょう。
喫煙マナーを守りましょう。タバコのフィルターは自然界では分解しません。

ホームページ上の全てのファイルは、リビングショップ安藤(有)に帰属します。無断で、使用する事を禁じます。
L.S.A(リビングショップ安藤)ホームページ