メローブリーズ・フル・アロマティック

2001年11月16日号


製造国 スウェーデン
タイプ ヨーロッパタイプ
価格  790円
内容量 50g
形態   パウチ包装
 

 
フル・アロマティックの名前にふさわしいワインレッドの袋、見るからに甘いタバコを連想させる。
そして袋をひっくり返して説明書きを読んでみると、エキゾチックな果実風味とフレンチバニラ使用と、記載されている。

このメローブリーズは、レギュラー、マイルド、フルアロマ3種とも、しっかりとしたタバコ感を持っているシリーズと言った印象ではあるが、このフルアロマは、はっきりしたキャラクターの甘さを持っていて、メローブリーズの中では、タバコ感が一番弱い。

さっそく袋を開けて香を確認する、艶っぽい果実風味、ベリー系を思わせる。

少し例えが悪いが、電車等で隣の人がブルーベリーガムを噛んでいる時、たまに生つばが出そうな甘い香が漂って来る時があるが、それに良く似た感じを受ける。

そしてフルアロマティックと言えば、アンフォーラ・フルアロマと、JTのプロムナードを思い起こす。
しかし、いずれも柑橘系の味わいを感じるタバコなのだが、メローブリーズのフルアロマは少々違う。
それは私が個性的なキャラクターだと思っている、ボルクムリーフのチェリーキャベンディッシュ、これを若者向けバージョンにした様な赴きがある。
まあ、そこ迄は行かないとしても、何処か癖のある味わいには違いない。
そしてこれを強いて、あくまでも強いてではあるが、一言で表現すれば、このメローブリーズ・フル・アロマティックは、「赤い色のジェリービーンズ」を、連想させる味と言えなくもない。
しかし甘く分かり易いキャラクターではあるのだが 、吸ってみるとタバコ感は思ったよりしっかりしている。
やはりそこは、現在流行りとなっている、ドイツ物やEU物とは違い、古くからあるスウェーデンタバコ「ボルクムリーフ」の流れを汲んでいることを感じさせてくれる。
そして、さらに吸い込んで行くと、袋の裏にワイン使用と書いてある通り、酸味とコクも出て来る。
どうやら、メローブリーズシリーズの共通した特長は、この強めの酸味を伴なう、タバコの味わいにある様で、ボルクムリーフとは一線を画すコンセプトで作られているのが、よく分かる。
強さはミディアムでタバコ感が少々強い、しかし、この癖のあるわかり易い甘さは、初級者でも充分楽しめると思う。
咽越しはレギュラー同様マイルドな感じであり、喫味も割と軽いのだが、私としては煙にやや辛さを感じる。
もしかすると、この癖のある分かり易い甘さを演出している、強めの香料が起因しているのかも知れない。


  次号へ

目次へ戻る


トップページへ戻ります 1つ前にページへ戻ります メニューページへ

当サイトは、リンクフリーです。ただし、サイト構造を無視したリンクはご遠慮願います。
リンク先は、必ずトップページ http://www.lsando.com/でお願いします。
リンクしたら、「リンクさせたよー」のメールをお願いします。

未成年者の喫煙は禁じられています。
あなたの健康を損なうおそれがありますので、吸い過ぎに注意しましょう。
喫煙マナーを守りましょう。タバコのフィルターは自然界では分解しません。

ホームページ上の全てのファイルは、リビングショップ安藤(有)に帰属します。無断で、使用する事を禁じます。
L.S.A(リビングショップ安藤)ホームページ
Copyright (C) LivingShopAndo All Rights Reserved