ボルクムリーフ

2001年8月17日号


製造 スウェーデン
タイプ ヨーロッパ
売価  760円
内容量 50g
形態  パウチ包装
 

 
リーズナブルなパイプタバコとして古くから親しまれているボルクムリーフ。
ラインアップの中心は洋酒、お酒好きなスモーカーは是非一度賞味してほしいブランドである。
その中にあって最も古く名前もボルクムリーフのみ、6種類あるボルクムリーフシリーズの基本となるパイプタバコである。

パイプタバコの分類からするとダニッシュタイプで、香り付けに8年熟成のケンタッキーバーボンを使用していると説明されている。
袋のデザインはパイプタバコではスタンダードな帆船の図柄で、きざみはレディーラブドと言った所である。
帆船のデザインについては別の機会に譲るとして、とりあえず袋を開けてタバコの匂いを確認する。
芳醇な香、そして、タバコの甘味と酸味、香料の香りはあまり強くなく、熟成臭が優しく薫る。
このボルクムリーフの基本中の基本と言えるこれは、甘さ控え目でタバコ感の強い本格派、ボルクムシリーズの中で一番強いタバコと言えよう。
味わいは酸味があり、葉タバコの味わいの中に、バーボン特有のかすかにセメダイン臭のする、洋酒の味わいが楽しめる。


そのセメダイン臭のせいか全体的に、バッサリとした印象を受けるが、ボルクムリーフの中で、一番地味なデザインのパウチと良くマッチしている。
そして吸い込んで行くと、甘味だけではなくコクも出て来るので本格的と言える。
私見ではあるが、最古参と言って差し支えないこのパイプタバコは、この頃流行の派手な香料を使い、様々な味わいを演出している物とは違い、あくまでもタバコ本来の味わいを求め、香料はタバコを美味しく味わう為の脇役と言ったブレンドがなされていると考えている。
火付き火もちは良く、喫煙技術的には吸い易い、咽越しは結構ザラッとした感じでバーレーの刺激を感じ、強さはミディアムヘビーと言った所、クラスは中級者向き。
そして落ち着いた甘味・酸味と洋酒の香で、タバコそのものの味わいを楽しめる。
甘いタイプのタバコが少し、しつこいと感じ始めたら、これがいいと思う、シットリと葉タバコの味わいと、バーボンの煙りに浸ってほしい。


  次号へ

目次へ戻る


トップページへ戻ります 1つ前にページへ戻ります メニューページへ 

当サイトは、リンクフリーです。ただし、サイト構造を無視したリンクはご遠慮願います。
リンク先は、必ずトップページ http://www.lsando.com/でお願いします。
リンクしたら、「リンクさせたよー」のメールをお願いします。

未成年者の喫煙は禁じられています。
あなたの健康を損なうおそれがありますので、吸い過ぎに注意しましょう。
喫煙マナーを守りましょう。タバコのフィルターは自然界では分解しません。

ホームページ上の全てのファイルは、リビングショップ安藤(有)に帰属します。無断で、使用する事を禁じます。
L.S.A(リビングショップ安藤)ホームページ
Copyright (C) LivingShopAndo All Rights Reserved