パイプの長所・短所その1

2001年7月06日号


今回は、実際にパイプを始めようと考えている人の為に、パイプとタバコは何処が違うのか、長所はどこで、短所は何なのかと言う事について、触れて行きたいと思う。
細かく項目に分けて、短篇集の形を取り3部構成とする。
そして、この「パイプの長所・短所1・2・3」を読めば、初心者の方でも、おおまかではあるが、パイプの全貌に触れる事ができる様にしたいと思っている。
まあ、簡単に言えば、パイプ喫煙に対する説明の、ダイジェスト版と思っていただければいい。

(時間)

パイプ・葉巻とタバコの決定的違いは、その喫煙時間の長さにある。
これはあくまでも極端な例だが、葉巻のダブルコロナサイズは、1本で2時間は楽しめると言われている。
パイプにしても、ロングバーニング大会(5グラムのタバコをどれだけ長く吸えるかを競う)の記録は、たった5グラムのタバコで、2時間を越える事も珍しくはない。
これであれば、読書や音楽・ビデオ鑑賞をしながら、ゆったりとした一時を送れること請け合いである。
さらに、旨いコーヒーでもあれば言う事はない。
私が初心者の頃は、1時間以上パイプを楽しめる事に、夢とあこがれを持ったものである。
しかし紙巻きタバコでは、どんなに頑張っても、こうはいかない、本を読みながら、何本も箱から出しては火を点ける事を、繰り返した経験をお持ちの方も多い事だろう。
だから、30分なり1時間と言う、ゆったりとした時間を、喫煙しながら送れるのは、パイプ、葉巻ならではと言う所である。

(価格)

葉巻は高い、プレミアムシガーであれば、1本1,000円・2,000円はあたりまえである。
そして、パイプも高いものだ、と言うのが大半のイメージだろうが、それは間違っている。
確かにパイプ喫煙をする為には 、パイプやコンパニオン等を買わないと出来ないが、タバコ自体には、それ程お金は掛からないのである。
しかし、1袋800円前後の価格を見て、思わずひるんでしまう人もいるだろうが、1袋を丁寧に吸えば、1日で紙巻きタバコを1箱ペースで消費する人でも、一週間近くは楽しめる。
だから、紙巻きタバコで1日260円使う事を思えば、一週間で800円そこそこのパイプタバコはお値打ちといえる。そして何より、吸殻の出る紙巻きや葉巻と違い、詰めたタバコを全て灰にできるパイプは、大変経済的だと言える。
そして、繰返し何年も使えるパイプは、エコロジーな喫煙そのものと言える。

(TPO)

これはパイプ、葉巻共通の短所と言える。
日本の喫煙文化がそうさせるのだが、紙巻きタバコは禁煙の場所でなければ、大抵はOKなのだが、パイプ、葉巻はそういう訳にはいかない。
両方とも香が強いからで、喫煙者の間からも、文句が出る事も良くある話である。
だから、たとえ喫煙OKの場所でも、狭い室内等では難しいし、避けた方が無難だと言える。
さらに、パイプ喫煙者の、特に初心者を苦しめるのが、そのシルエットである。
人前でパイプをくわえる、これが非常に勇気のいる作業なのである、偉そうにしてる様に見えはしないか、キザに写っているのではないかと、それは気が気ではない。
葉巻にいたってはもっと厳しい、もしあなたの隣でチャーチルサイズの様な、巨大な葉巻をくわえている、恐い顔をしたオジサンが座っていたらどうだろう。
どうも日本人の中では葉巻イコール、ギャングと言ったイメージが少なからずあると思うのだが、たぶんあなたは、その事実を実感するハメになるだろう。
だから、パイプ、葉巻の喫煙は、紙巻きタバコよりTPOに気を使わなければいけないのであり、マナーも当然である。
やっぱりパイプは紳士ぜんとして、くゆらせたいものである。
 

  次号へ

目次へ戻る


トップページへ戻ります 1つ前にページへ戻ります メニューページへ 

当サイトは、リンクフリーです。ただし、サイト構造を無視したリンクはご遠慮願います。
リンク先は、必ずトップページ http://www.lsando.com/でお願いします。
リンクしたら、「リンクさせたよー」のメールをお願いします。

未成年者の喫煙は禁じられています。
あなたの健康を損なうおそれがありますので、吸い過ぎに注意しましょう。
喫煙マナーを守りましょう。タバコのフィルターは自然界では分解しません。

ホームページ上の全てのファイルは、リビングショップ安藤(有)に帰属します。無断で、使用する事を禁じます。
L.S.A(リビングショップ安藤)ホームページ
Copyright (C) LivingShopAndo All Rights Reserved