ファーストコンタクト(スモーキングODASAGA)

2001年5月04日号


いやー! やっぱり東京はいい。
一体何がいいのかと言うと、品揃えの豊富なタバコ屋が多い事である。
ご多分にもれず、私も地方出身者なので、パイプタバコを売っている店を探すのに苦労した口である。
そして、たとえパイプタバコを置いてある店を探し当てたとしても、その品揃えは東京のタバコ屋には及ばない。
今日は、たまの日曜日、幸な事に天気も良い、地元(大和市付近)のタバコ屋でも覗いてこようと思い立ち、スモーキングODASAGA(小田急相模原)と洒落こんだのである。

急行の止まらない小田急相模原は、さほど大きな駅ではない、そして駅を出て見回しても、目を見張るほどの大きな建物は見当たらない。
LS安藤さんのサイトで調べた地図を頼りに北側のロータリーのある方におりてみて、なるほどと感心した。
大きな建物が無い代わりに、中小の商店が林立する、そして人通りも多い、地元に愛され、支えられているパワーが感じられる街である。
さて、今日のパイプはアウトドアスモーキングなので、ジュース対策バッチリのロンソンシステムパイプ。
タバコは深まる秋に合わせた「ワイルドギース」、豊穣の秋、「サニーフレーバー」と言われるドイツのタバコである。
おもむろにパイプにタバコを詰めて、火をつける、落ち着いた雰囲気のコクのある香が広がる、そしてパイプをくわえたまま、おそるおそる歩き始めた。

(注1)

しかし見知らぬ土地でのアウトドアスモーキングは、何度経験しても照れ臭いものである、まわりの視線が気にならない風を装い商店街のアーケードをくぐる。
入ってすぐにジョナサンの看板、「どれ、コーヒーでも一杯」と思ったが、パイプに火を点けたばかりだし、と思い直して商店街へと歩きはじめる。
電気屋、そば屋、酒屋、薬屋、何でも揃うと言った感じである。
「おっ!こんな所に芋ようかんが、しかもお値打ち、どれどれ・・・」「オッと危ない!」商店街に気を取られている私の横を車が通り過ぎて行った。良く見るとこの商店街、道が狭いし人通りも多いのだが、驚いた事に車も走っているのである。
勿論一方通行ではあるが、LS安藤さんを訪問する際は気を付けてほしい。
しばらく歩いていると、何やら賑やかな音楽、パチンコ屋である。
妙にソワソワした気分になり足を止めたが、今日の目的を思い出し、首を振り振り再び歩き始める。

そして気を取り直して煙りをゆっくり吐き出すと、その煙の向うにコンビニエンスストアーが見える。
「こんな所にまでコンビニが進出しているのか。」と現代の風潮を思いながら、店の中を覗き込みお客の入りを確認する。
そして、ふとコンビニ店内の映像がぼやけ、ガラスに写っている、マイルドセブンの青いテントに焦点があった。
やっとLS安藤さんに到着したのである。


パイプの中の煙を一吹きしてパイプを持つ左手ごとオーバーのポケットに突っ込んだ。
最初に店頭に並べられた日用雑貨が目に入る、奥行きもあり品揃えも多そうである。
そしてタバコは向かって左、自販機と昔ながらのタバコ屋の窓、そしてその前に申し訳なさそうに置かれた灰皿、以外と小さいと言うのが第一印象である。
しかし心配ご無用、一歩店内に入れば、一間はゆうに越えるレジカウンターの周りに、所狭しとばかりにタバコが並べられている。
葉巻なんか収まり切れずにはみ出して置いてあるくらいだ。
「いらしゃい!」元気なあいさつである。
オヤッ、以外と若い(お世辞なんだが)作者さんに違いないと思い、「あのー、昨日電話した者ですが。」と話かけた。
一瞬考え込む様な表情になったが、すぐに相好を崩し「ああっ、お電話いただいた方ですね、チョト待ってて下さい。」と言って、タバコカタログを取りに奥に入って行った。
そして、カウンターに戻るなりカタログをめくり始め、あーでもない、こーでもないとタバコ談義が始まった。
作者さんの言葉の端々には、タバコに対する愛情が感じられる。
「また始まった 。」と言った面持ちで、チョット仏頂面のおじさんが荷物を抱え店の奥に入って行った、作者の父親である。
ちょっと見は、とっ付きにくそうに見えるが、なかなかどうして、タバコにも詳しいし、優しい、おやじさんである。
ひとしきりタバコに関する話をしてから、アンフォーラ・フルアロマティックとタバカレラ等数点を購入し、店を後にしようとした。
「ありがとうございます。またお越し下さい。」と、お客さんと親しげに会話をしていた女性に声を掛けられた。
作者の母親である、話好きで、笑顔の似合う美人とだけ言っておこう。
「またおじゃまします。」と軽く会釈をし、商店街へと歩を進めた。
そして、左ポケットからパイプを取り出し、おもむろに火を付けた。
「また、タバコがなくなったら来よう。」と、買ったばかりのタバコを鞄にしまいながらそう思った。

(注1)
ロペスさん所蔵のパイプの画像ではありませんが・・ロンソン・システムパイプ
アルミ製の煙道は2重構造になっていて、煙はその2重の筒を通る間に冷却されるので、クールスモーキングに適しています。
また、火皿は下部が外れるようになっていて、そこに吸湿ディスクを入れて使います。
ジュースはこのディスクが吸い取ってくれるので、非常に喫い易いです。


次号へ

目次へ戻る


トップページへ戻ります 1つ前にページへ戻ります メニューページへ 

当サイトは、リンクフリーです。ただし、サイト構造を無視したリンクはご遠慮願います。
リンク先は、必ずトップページ http://www.lsando.com/でお願いします。
リンクしたら、「リンクさせたよー」のメールをお願いします。

未成年者の喫煙は禁じられています。
あなたの健康を損なうおそれがありますので、吸い過ぎに注意しましょう。
喫煙マナーを守りましょう。タバコのフィルターは自然界では分解しません。

ホームページ上の全てのファイルは、リビングショップ安藤(有)に帰属します。無断で、使用する事を禁じます。
L.S.A(リビングショップ安藤)ホームページ
Copyright (C) LivingShopAndo All Rights Reserved